子供

子供を妊娠してからの過ごし方について

子供を妊娠してからの過ごし方について

今まではあなただけの体なので、自分勝手に過ごすことが出来ていましたが、妊娠したら、もうあなただけの体ではなくなりますので、今まで通りの自分勝手な生活をしていてはいけません。

初めて妊娠がわかった時、多くの人は嬉しく思うと思います。そして嬉しい反面、初めての妊娠で、どのように過ごしていけばいいんだろうと疑問に思ってしまう人も多くいると思います。 赤ちゃんを元気に育てるためには、あなたの生活の仕方が非常に重要になってくるので、妊娠をしたら、まず生活を見直しましょう。 妊娠初期は、ホルモンバランスの変化によって体が変化し、つわりや便秘などが引き起ります。 ですが妊娠初期では、お腹が大きくなっている訳ではないので、見た目の変化はないので、旦那さんには気持ちをわかってもらうことは出来ません。

妊娠初期は、流産しやすいと言われていますが、普通に生活をしている分には問題はありませんので、気にし過ぎずに体を適度に動かしてください。 念のため重い物を持ったり、子供を抱っこしないようにしたほうが安全ではありますが、どうしても持たなくてはいけない時は、ひざをつけて立ち上がるようにしてください。 また高い所も物を取る時も、本当に危険なので出来るだけ人に頼むようにしてください。 ですがもしも無理な時は、安定している踏み台を使うようにしてください。 つわりが酷い時など体調が悪い時は、無理をせずに休むようにしましょう。

また服装についてですが、妊娠中は出来るだけ体を冷やさないようにしなくってはいけません。 またぴったりした服を着ているとお腹を締め付けてしまうことになるので、ゆったりした服を着るようにして、締め付けないようすることが大切です。 マタニティ用の服であれば、妊婦さんのために作られた服なので安心して着ることが出来ると思います。 近年では可愛いデザインの物が増えているので、見てみるといいでしょう。 また靴についてですが、転んでしまうと危険ですので、お腹の中の赤ちゃんの為にもぺたんこの靴かスニーカーを履くようにした方が良いでしょう。 夏場は、暑いので冷房を使うと思いますが、冷房を使うことはかまいませんが、そのような時はお腹を冷やさないように、膝掛などを利用して温めるようにしましょう。

そして次に仕事についてですが、仕事は無理しない程度にし、妊娠したことをしっかり職場に報告するようにして下さい。 先ほどもいましたが、妊娠してもすぐに見た目が変わるという訳ではありません。 そのため迷惑をかけないようにといつも以上に頑張ってしまうという人がいますが、これは体に負担がかかってしまうのでやめてください。 妊娠したことがわかったら、すぐに職場に報告をして、育休などについて話し合い、無理しない程度に仕事を割り振ってもらい配慮してもらいましょう。 またつわりが酷い時は、休みを取ることが出来るようにしてもらった方が安心かと思います。

またこれはすごく大切なことですが、日頃喫煙している人は、妊娠がわかったらすぐに禁煙をしてください。 喫煙を続けてしまうと、タバコに含まれるニコチンにより、赤ちゃんとママを繋ぐ胎盤に酸素や栄養が上手く運ばれなくなってしまい、未熟児や脳の発達が不十分になる可能性があるので、赤ちゃんにとってタバコはとても悪影響があるものなので、すぐにやめてください。

また旦那さんが喫煙をする人であれば、出来ればやめてもらうのが1番ですが、無理な場合は、外で吸ってもらうなど、近くで吸わないようにしてもらいましょう。

そして次にお酒についてですが、たまに少量付き合い程度に飲むのは問題ないと這われていますが、飲まないのが1番安心でしょう。

妊娠4週~7周の時期は、絶対過敏期と言われていて、赤ちゃんの器官が形成される時期なので、絶対に飲まないようにしてください。

カフェインもよくありませんから、ノンカフェインの物を飲むように心がけてください。

妊娠をしたら、今までの食生活を見直し改善をしなくてはいけません。 栄養バランスをしっかり考え、適量を食べるようにしましょう。

昔は子供の分まで食べなさいと言う人がいましたが、子供の分まで食べてしまうと太ってしまうので、自分の分だけで十分です。

他にも妊娠したら、旅行や遠出は出来るだけ控えた方がいいかと思います。 安定期に入ればある程度の距離であれば行くことが出来ますが、妊娠初期は体が不安定ですし、妊娠後期は出産間近で負担がかかってしまうので、旅行や遠出は控えましょう。

また妊娠中は、ストレスを溜めないようにゆったりリラックスして過ごせるように心がけてください。 やはりストレスは赤ちゃんにとってもよくありませんので、ストレスが溜まらないようにしリラックスして過ごすようにしましょう。

妊娠をしたら、このようなことを注意して生活をしていかなくてはいけません。 今までのように自分勝手で過ごすことが出来ませんし、制限されることも出てきますが、元気の赤ちゃんの育てるためには、あなたが気を付けて生活をしなくてはいけません。

出産で必要な費用の立替

出産に関しては出産一時金が支払われます。
でも、通常は出産後にもらえるものなので、一時的に立替が必要になります。

立て替えるお金がない場合は、出産一時金直接支払制度がで使えます。

↑ PAGE TOP