子供 自転車 練習 方法

子供の自転車の練習の方法について

子供の自転車の練習の方法について

子供が大きくなると、自転車に乗りたがり自転車を欲しがると思います。 ですが、自転車に乗りたいからと言って、すぐに乗れるのかと言ったら、そうではありませんよね?

練習をして徐々に乗れるようになっていくのです。 そして、どれくらいの年齢から自転車に乗る練習をし始めればいいのかも悩みどころだと思うので、そういった所も書いていきたいと思います。

補助輪付きの自転車は、一般的には、2歳になってから乗れる自転車が多いので、2歳になったら、練習を始めるといいでしょう。

また練習を始める年齢になったからと言って、子供が自転車にまったく興味がないのに無理やり練習を始めさせてはいけません。 もしも怖いという気持ちなどがあるようであれば、怖いという気持ちが少しでもなくなってから始めるようにしましょう。 子供が自分から乗りたいと思うようになってから始めるのが1番だと思います。

そして補助輪を外す時期は、これは人それぞれなので何歳と言い切ることは出来ませんが、早い子供であれば3歳くらいから、乗れるようになる子もいますが、逆に遅い子供であれば、小学生になるまで補助輪を外すことが出来ないという子もいるのです。

また遅いからと言って、ダメという訳ではなく、子供のペースに合わせて練習していくことが1番ですので、焦らなくても大丈夫です。 逆に焦って無理に練習させてしまうと、練習をすることすら嫌がってしまう可能性がありますので、無理は禁物です。

また練習をさせる場所選びのポイントを見ていきましょう。
1つ目のポイントは、平坦な道です。
練習をする時に、坂道がある場所で練習をしても、なかなか進むことが出来ませんので、平坦な所で、乗る感覚を覚えさせていってください。 また平坦な所であれば、スピードもあまり出ませんし、しっかりブレーキも効くので安心して練習することが出来ると思います。

2つ目のポイントは、アスファルトの所です。
自転車に乗れない子供が練習するので、デコボコした所よりも、アスファルトの方が練習がしやすいと思います。 ですが、アスファルトで転んでしまうと痛いですし、怪我をしてしまう可能性があるので、ヘルメットや肘当てや膝当てを必ずつけて練習をしてください。

3つ目は、車通りの少ない所です。
これはすごく重要なポイントと言ってもいいかと思います。 車が来ると、どうしても練習を中断しなくてはいけませんし、転んだところに車が来るとすごく危険です。 なので車通りの少ない所で練習をした方が安全に練習することが出来ると思います。

そして自転車を乗れるようになるための練習方法は、 補助輪付きの自転車である程度のスピードを出せるようにすることと、まっすぐ走れるようになること、そしてしっかりとブレーキを握り、止まることが出来るようになることを始めに練習しなくてはいけません。 自転車が走っていても転ばないのは、車輪の回転によるジャイロ効果のおかげだと言われています。 ジャイロ効果とは、回転速度が速いほど強く働くので、スピードが速いほど倒れづらいということなのです。 だからと言ってスピードを出しすぎるのは非常に危険なので、倒れない程度にスピードを出すようにしてください。 また安全に自転車に乗るために、ブレーキをかけてしっかり止まれる練習もしっかり行わなくてはいけません。 そしてそれらが上手に出来てきたら、補助輪を外します。 補助輪を外して練習をすることは、曲がる練習と、止まった状態から発進できるようにすることです。 補助輪が付いている状態で、曲がる時は補助輪があるので、何も気にせず曲がることが出来ますが、補助輪足の自転車で曲がる時は、曲がる方向に車体を傾け曲がります。 初めは、車体を傾けるとバランスを崩して倒れてしまいますが、この練習をしいなくては曲がることが出来ません。

そして止まった状態からの発信についてですが、先ほども書いたようにスピードがあることで、自転車が安定して倒れづらいのですが、発進の時には、スピードもありませんからバランスが崩れやすいのです。

上手く発進をするためには、ペダルの位置がとても重要なので、初めは大人がペダルの位置を調整してあげて、練習をさせるようにしてください。

ここまでは、練習の仕方や、練習するのに適している場所を書いてきましたが、練習を始める前に、大切なことは自転車の選び方だと思います。

子供に合った自転車を選んであげなくては、しっかり練習することが出来ませんから、慎重に選びましょう。

どのインチを選べばいいのか迷ってしまうと思いますが、適しているサイズをスタッフさんに聞いて選ぶといいでしょう。 私が以前行った自転車屋さんだと、身長を計れる所があり、この身長までは何インチという表記があったので、それを参考にして買いました。

よくわからないので、あればスタッフさんに聞きながら選ぶのが1番安心だと思いますので、是非聞いてみてください。

↑ PAGE TOP